あの痛みを二度とくり返さない!痛風対策サプリメント

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

サイトマップ

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

痛風サプリメントを徹底調査 » 痛風治療の真実 » 要注意!痛風を起こさない高尿酸血症

要注意!痛風を起こさない高尿酸血症

痛みはないけど尿酸値が高い…無症候性高尿酸血症とは?

痛風は、尿酸値が正常値よりも高くなる…いわゆる高尿酸血症になることで痛みが出てしまう疾患です。ところが、この尿酸値が高い状態にあっても痛みが発生しない場合もあります。これを無症候性高尿酸血症といいます。

あるデータでは、高尿酸血症が1,000万人の人に見られるものの、痛風を起こしているのはその内の100万人と推計されているほど。つまり、尿酸値が高い人の9割が、痛風をいつ発症してもおかしくない無症候性高尿酸血症であるということなのです。

高尿酸血症が引き起こす合併症の怖さ

痛風の発作が起こらないのなら安心…というものではなく、そのまま放置してしまうと、知らぬ間に腎臓病などの合併症が進行してしまっていることもありますので注意が必要。

痛風は激しい痛みがあることが特徴ですが、逆に言えば痛みがあるだけで他はとくになし。この段階で適切な処置を施せば、普通の人と変わらない生活を送ることができます。ですから、痛みがわからない高尿酸血症は早期発見ができない怖い状態といえます。しかも、気が付いたときはすでに合併症を発症している状態であることも多く、これは痛風よりも怖く治療も大変なものとなってしまうのです。

痛風の原因である尿酸の結晶は、腎臓に溜まると腎障害を引き起こしてしまう原因になります。それが尿路や膀胱にとどまってしまうことで尿路結石を起こしてしまようになると、体のあちこちで重篤な不調が出るようになります。他にも、高血圧や糖尿病、高脂血症などのリスクも高まりますので注意が必要です。

痛風発作を起こしていなくても、尿酸値には注意

尿酸値は高いのに痛みはない…その場合は、痛みといったシグナルがない分、定期的な健康診断で尿酸値には注意を払っておきたいもの。もしも痛みがなくても、尿酸値が7.0mg/dlを超えているようであれば、受診して治療を受け、尿酸値を下げるように努めるようにしましょう。

尿酸値を下げるのは、薬だけでなく食事からも可能です。尿酸値を下げたり体外への排出を促す成分を持つ食材を、意識的に摂るようにするといいですね。また、尿酸値を増やすプリン体の摂取を控えるようにするのも大事です。

エビデンスから見るおすすめサプリメント5選

尿酸値に働きかける注目の成分!論文データあり
5
成分を徹底調査