あの痛みを二度とくり返さない!痛風対策サプリメント

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

サイトマップ

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

痛風サプリメントを徹底調査 » 痛風治療の真実 » 痛風で処方される薬の副作用

痛風で処方される薬の副作用

痛風治療に用いられる薬と副作用のリスク

アメリカの内科学会が、成人の痛風の治療方針についてのガイドラインを医学誌『Annals of Internal Medicine』に報告した内容によると、痛風を抑える薬には多くの副作用があるということです。

痛風発作を抑える薬による副作用

尿酸の排泄を促進する薬による副作用

尿酸の合成を阻害する薬による副作用

薬物治療との付き合い方

痛風は、一度発症すると完治することはありません。つまり、一生付き合っていかなければいけない疾患です。その治療では薬物療法が取られることもありますが、化学的に作られた薬のため、確かな効果はあるものの副作用のリスクもあります。場合によっては副作用が辛く感じられることもあり、その治療も非常に厳しいものになってしまうのです。

症状に合わせて薬を処方していくのですが、その多くに肝機能障害への副作用があります。ただ、副作用が見られても、他の薬に変えることで副作用が治まることもあると、薬と患者さんの相性によって決められるところもあります。ですから、副作用が出た場合は薬を中断するのではなく、別の薬に変換することが重要となります。同時に、服用を始めて半年ほどは、定期的に肝機能検査を受けて、薬による副作用がみられないかどうかをチェックした方が安心です。

痛風の薬物療法は、このように薬との相性が著しく問われるもの。相性が悪いと辛い副作用に悩まされることとなりますので、いかに適切な薬が見つけられるかどうかにかかっていると言えます。

生活習慣の改善も必須

ただ、痛風や高尿酸血症の治療は薬物療法だけではありません。生活習慣の改善と食事療法も大事な治療となっています。逆に言えば、痛風は不規則な生活習慣と乱れた食生活によって引き起こされたとも言えるのですから、これらを改善することは痛風治療の基本。原因を改善してこそ症状が緩和する可能性が高くなり、また薬に頼らないでも済むようになるのです。生活習慣の見直しとともに、食事では痛風の原因となる尿酸値を低減、もしくは体外に排出させる成分を持つ食材を意識して食べるようにしましょう。

痛風と生活習慣の関係についてくわしく見る>>

積極的に摂りたい栄養成分リストを見る>>

エビデンスから見るおすすめサプリメント5選

尿酸値に働きかける注目の成分!論文データあり
5
成分を徹底調査