あの痛みを二度とくり返さない!痛風対策サプリメント

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

サイトマップ

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

痛風サプリメントを徹底調査 » 痛風治療の真実

痛風治療の真実

痛風の治療とは

痛風の治療では、痛みのある部分(痛風関節炎)だけでなく、その原因となる高尿酸血症の治療も同時におこなっていくことになります。炎症を緩和する非ステロイド抗炎症薬や尿酸降下薬などの薬物治療に、生活習慣の改善が指導されます。

また、痛みが出なくなったからといっても、予後として生活習慣には依然として注意を払う必要があります。尿酸降下薬が使われるようになってから腎不全などのリスクは減りましたが、予後に動脈硬化性疾患のリスクが高まっているからです。

痛風で処方される薬の副作用

痛風の原因は尿酸値にあります。その治療では薬物療法と食事療法がとられますが、処方される薬にはどんなものがあるのか、またその副作用についても詳しく紹介しています。

くわしく見る>>

要注意!痛風を起こさない高尿酸血症

尿酸値が正常値を超えると、痛風の症状である痛みが出てくる…と思われていますが、実は尿酸値が高くても痛みが出ないこともあります。これは無症候性高尿酸血症という怖い症状。痛みがない分、症状を深刻化させてしまいがちな怖い状態なのです。

くわしく見る>>

痛風は完治するの?

痛風は猛烈な痛みに襲われるものの、数日で少しずつやわらぎ、いつしか痛みもない状態になります。一過性のものだったのかなと勘違いしてしまいやすいのですが、これは治ったのではなく、放置しておくことで発作がまた起こります。次第に起こる頻度も痛みも強くなり、腎不全や尿路結石、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの合併症も起こりやすくなるので、早めの治療が大事となります。

痛風は一度発症すると、一生付き合っていかなくてはいけない病気です。ただ、薬物療法や食事療法をきちんとおこなうことで、症状を緩和させて合併症などのリスクも減らすことができます。痛みを感じない、普通の生活を送ることも可能。ですが、痛みがないからと言って治療途中でやめてしまうと、せっかく良い状態をキープした尿酸値が再び上昇し発作が現れるようになりますから、薬の服用はなくなっても、生活習慣には十分に気を付けるようにしたいですね。

当サイトでは、痛風や高尿酸値血症とうまく付き合っていく方法を色々調査していますので、ぜひ参考にしてください。

痛風と食事や飲酒の関係についてくわしく見る>>

尿酸値に効果がある成分を徹底調査!>>

痛風発作の応急処置

痛風は、夜中から明け方にかけての時間帯に起こりやすいと言われています。突然、なんの前触れもなく発作が起きてしまった場合、医師から非ステロイド系消炎鎮痛剤などの薬を処方されていたら指示通りに服用します。処方されていない場合は、氷や冷却材で患部を冷やし、痛みのある患部を心臓よりも高い位置に高い位置に持っていくようにします。そして、症状が落ち着いたらできるだけ早めに病院を受診します。

絶対に、マッサージやさすったりしてはいけません。それが刺激となって炎症をひどくしてしまうので、むやみに触ったり動かしたりせず絶対安静にしておきます。また、アセチルサリチル酸(アスピリン)が含まれた痛み止めは痛みをひどくするだけなので、自己判断で服用するのは避けるのが賢明です。

「偽痛風」ってなあに?

痛風は、尿酸塩の結晶が関節に炎症を起こすことで痛みが発生するもの。偽痛風とは、症状は似ているもののピロリン酸カルシウムの結晶が関節痛を起こすと、その原因が大きく異なる疾患です。別名、軟骨石灰化症(なんこつせっかいかしょう)とも呼ばれます。

ただ、稀にこれら2つの疾患が合併してしまうこともあるので注意が必要です。しかも、痛風と違ってピロリン酸カルシウムは溶かすことができず、変形性関節症を発症してしまうこともあり、程度に応じたリハビリが必要になることもあるのです。

痛風か偽痛風かは素人では判断が難しいので、関節に痛みを感じたら早めに医療機関を受診するのがいいでしょう。

エビデンスから見るおすすめサプリメント5選

尿酸値に働きかける注目の成分!論文データあり
5
成分を徹底調査