あの痛みを二度とくり返さない!痛風対策サプリメント

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

サイトマップ

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

痛風サプリメントを徹底調査 » 痛風予防・改善のために注意したい生活習慣 » 飲み過ぎ

飲み過ぎ

痛風の予防・改善のために注意したい生活習慣として、飲酒についてまとめています。

痛風と飲酒の関連性

痛風になったらアルコールを控えなければならない、ということは一般常識です。アルコールが体内に入ると、尿酸値が上がってしまうからです。もちろん、アルコール飲料、特にビールに含まれるプリン体の量が多い、ということもあります。

毎日飲酒する習慣がある人は、痛風の危険度が2倍になり、ビールを飲む人はさらに危険度が高くなります。
ビールはプリン体を多く含み、尿酸の増加を助長します。ですので、治療中の人はもちろん、痛風予備軍と診断された人も、ビールは控えましょう。

アルコールはカロリーを吸収しやすい性質があるため、痛風の治療中の飲酒はなるべく避けましょう。ただし、それがあまりにストレスになるようでしたら、医師との相談の上で自分なりの適量に抑えましょう(尿酸値を挙げる原因には、ストレスも絡んでいるため)。

また、尿酸の排出には水分補給も大切です。お茶やカフェインなどは利尿作用があり、尿酸の排出を妨げるので大量に飲まないようにしましょう。痛風の自覚症状が出た場合は、アルコールの飲用を控えないと、例え症状が治まっても確実に再発することになるので注意が必要です。

アルコールが尿酸値を上げる理由を詳しく知る

なぜアルコールが尿酸を上げるのか、それはアルコールの分解過程にあります。アルコールが肝臓で解毒される際には、ATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれる物質が使われます。これが尿酸の生成を促してしまうのですが、このとき乳酸も作られます。この乳酸が、尿酸が尿として排出するのを邪魔してしまい…体外に排出せずに尿酸が残ってしまい、尿酸値を上げるのです。アルコールには利尿作用があるといわれていますが、排泄量が増えることで水分量が減り、出れなかった尿酸で血液が濃くなってしまうといった悪循環に陥ってしまうのです。

飲酒を控えて尿酸値をコントロール

尿酸値を上げないためには、太らないように運動する・アルコールを控える・水分を摂取するなど、日常生活でも注意を怠らないことが重要です。

特にアルコール飲料は痛風の元となる体内の尿酸が増えやすいので、量を控えるだけではなく、一気飲みをしない・週に何日か休肝日を設ける・ビールばかり飲まないなど、普段から気をつけることが大切です。自ら尿酸値が増えないようコントロールすることで、痛風の予防・改善につながります。

お酒の「適量」ってどのくらい?

高尿酸血症や痛風の人は、アルコールは飲まないのがベストです。ただ、お酒が好きな人にとって、一滴も飲んではいけないというのも辛い話です。

大体、高尿酸血症を放置して懲りずに痛風を発症させ続けてしまう人というのは、お酒が大好きな人でもあるのですから、そう簡単にはいかないのです。しかも、お酒を辞められても、それに対してストレスを強く感じてしまい、食べることで紛らわすなどして尿酸値を上げてしまう事も。

こうした辛い状態にしないためにも、高尿酸血症は早めに対処しておくのが一番です。早い措置であれば、適量のお酒を飲んでも大丈夫。アルコールの1日の適量は純アルコール量で20gほど。下記が目安となります。

ただし、毎日飲むのではなく、肝臓を休ませる日も作る必要があります。高尿酸血症や痛風の人は、健康な人と同じ働きを肝臓に求めてはいけません。肝臓をいたわりながら、尿酸値を正常に戻すようにしながら、ストレスが溜まらない程度に飲むようにするのです。

食事で気をつける!プリン体が多い食べ物・少ない食べ物をチェックする>>

サプリの力も借りる!有効成分の数&含有量で比較したサプリTOP5>>

エビデンスから見るおすすめサプリメント5選

尿酸値に働きかける注目の成分!論文データあり
5
成分を徹底調査