あの痛みを二度とくり返さない!痛風対策サプリメント

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

サイトマップ

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

痛風サプリメントを徹底調査 » 痛風予防・改善のために注意したい生活習慣 » 食べ過ぎ

食べ過ぎ

痛風の予防・改善のために注意したい習慣のひとつ、食事についてまとめました。

痛風に良くない食事とその理由

プリン体が多い食品リストはこちら>>

逆に食べてもいい物は?
プリン体が少ない食品リストはこちら>>

痛風にとって良くない食材とは、プリン体を多く含む食材です。レバーやエビ・カニ・カツオ・カキ・ウニ・白子などがあります。

お酒のつまみに適した食材が多く、ビールと一緒に食べたいという気持ちもわかりますが、健康の事を考えて、控えるようにしましょう。

細胞数が多いほど含まれるプリン体は多く、レバーや魚介はその典型。また野菜類でも、ほうれん草やカリフラワーなどは、プリン体が多く含まれています。

痛風に良くない食材は栄養価の高い食品が多く、また高カロリーなものが多いのが特徴。高カロリー食材は肥満の原因にもなるので、痛風患者・予備軍でなくとも、大量に食べるのは避けた方が良い食材です。

痛風を引き起こしやすい
食事の習慣とは?

痛風の治療では何を食べるのかが重要ですが、食事習慣の改善も忘れてはいけない大事なポイントです。プリン体含有量やカロリーだけに気を付けるのではなく、食べ過ぎない事も心がけましょう。いくらプリン体やカロリーが低いといわれていても、食べ過ぎてしまえば意味がありません。塵も積もれば山となる…です。

食事は和食を中心に、腹八分目を意識。もともと日本人は、古来より米や野菜、魚を中心としてきた種族です。米は白米ではなく玄米や雑穀など…精製されすぎていない、栄養価の高いもの。欧米化されてしまった現代では、動物性タンパク質や動物性脂質のオーバー摂取となってしまっており、これが痛風の原因である尿酸を作る元になってしまっているのです。さらに、蓄えられた脂肪が肥満をまねき、血液中の尿酸値を高め、高尿酸血症のとして痛風の発症頻度を上げていきます。つまり、痛風を予防するのであれば和食中心の食生活に戻した方がいいのです。

普段の食事で心がけておきたい

痛風になりやすい生活習慣とは

ある時、急に足の親指の付け根が赤く腫れて、激痛を感じてしばらく歩けなくなる痛風。発作を放置すると何回も繰り返し、腎臓まで侵されたり、失明、足の切断の可能性もある恐ろしい病気です。

栄養価の高い食材にプリン体が多く含まれる事から、一部では「贅沢病」などと揶揄されています。そんな痛風の予防や症状を改善するために、注意しておきたい生活習慣について解説しています。

食べ過ぎ

痛風の治療は、摂取するプリン体の量を制限するのではなく、プリン体が作られにくい身体を作る事が重要なポイントです。
食材のプリン体だけを気にするだけではなく、意識してカロリー制限を行う事も重要なのです。

痛風を予防するには?

規則正しい食生活に腹八分目、暴飲暴食をしない、ゆっくり食べる…など、食事習慣にも気を付けるようにしましょう。

痛風と食事の関係についてくわしく見る>>

飲み過ぎ

痛風になったらアルコールを控えなければなりません。アルコール飲料に含まれるプリン体の量が多い事もそうですが、アルコール飲料を飲むと体内の尿酸値が上昇する事が大きな理由です。
毎日飲酒する人は痛風の危険度が2倍になり、プリン体含有量が多いビールを飲む人はさらに危険度が高くなります。

痛風を予防するには?

適量を守る、週2回は休肝日を作る…そんな事わかっていても難しいのが現実なのですが…。

飲酒と飲酒の関係についてくわしく見る>>

運動不足

昔は痛風になったら運動は控える、激しい運動は痛風のもととされていました。近年では、ウェイトコントロールのためにも、適度な運動は痛風によい事がわかってきました。
痛風治療中の激しい運動は、痛風の原因となる尿酸値を上げてしまうので、ウォーキングなどの有酸素運動をしましょう。

痛風を予防するには?

適度な運動は尿酸値を下げますが、激しい運動は逆効果になります。たまにやる運動では意味がないので、定期的に軽くできる運動を見つけるのが、痛風予防だけでなく生活習慣病の予防にもなります。

痛風と運動不足の関係についてくわしく見る>>

痛風がきっかけに引き起こされる病気とは?

そもそも、痛風は高尿酸血症によって引き起こされるもの。この高尿酸血症自体は自覚症状がないので、気が付かずに放置してしまう事も多いのですが、正常値を超えてしまうと薬物治療が必要になる怖い病気です。

高尿酸血症は、新陳代謝で発生する尿酸が増えすぎた状態の事。それが正常値を超えるような量になると、尿酸が体内で結晶化してしまいやすくなり、それが関節や腎臓などに溜まってしまい痛みを引き起こす痛風になるのです。

痛風自体は数日ほどで治まっても、体内の尿酸結晶はそのままなので、高尿酸血症が改善されない事には痛風を再発させてしまう事になります。さらに、腎臓中で尿酸結晶ができてしまえば腎臓病や尿路結石を引き起こしたりと合併症のリスクも上がります高尿酸血症の患者さんのほとんどはメタボリックシンドロームに該当する事が多く、これが動脈硬化を進行させてしまう事もあるのです。

他にも、高血圧や脂質異常症、糖尿病など…さまざまな生活習慣病に結び付いてきますので、痛風だけと侮っていると大変な事態にまで進展してしまう事もある、実は怖い疾患なのです。

積極的に摂りたい栄養素をチェックする>>

論文データで実証済み!
痛風に有効な成分を見る>>

健康の基本は食事です。プリン体や尿酸値についての知識を深め、尿酸値を下げる、そして体外にスムーズに排出できる食品を積極的に取り入れるのが大事です。

そして、水分摂取はたっぷりと。汗をかく時期などは、その分飲むようにするといいです。なぜなら、水分を摂り入れる

痛風になりやすい生活習慣とは

ある時、急に足の親指の付け根が赤く腫れて、激痛を感じてしばらく歩けなくなる痛風。発作を放置すると何回も繰り返し、腎臓まで侵されたり、失明、足の切断の可能性もある恐ろしい病気です。

栄養価の高い食材にプリン体が多く含まれる事から、一部では「贅沢病」などと揶揄されています。そんな痛風の予防や症状を改善するために、注意しておきたい生活習慣について解説しています。

食べ過ぎ

痛風の治療は、摂取するプリン体の量を制限するのではなく、プリン体が作られにくい身体を作る事が重要なポイントです。
食材のプリン体だけを気にするだけではなく、意識してカロリー制限を行う事も重要なのです。

痛風を予防するには?

規則正しい食生活に腹八分目、暴飲暴食をしない、ゆっくり食べる…など、食事習慣にも気を付けるようにしましょう。

痛風と食事の関係についてくわしく見る>>

飲み過ぎ

痛風になったらアルコールを控えなければなりません。アルコール飲料に含まれるプリン体の量が多い事もそうですが、アルコール飲料を飲むと体内の尿酸値が上昇する事が大きな理由です。
毎日飲酒する人は痛風の危険度が2倍になり、プリン体含有量が多いビールを飲む人はさらに危険度が高くなります。

痛風を予防するには?

適量を守る、週2回は休肝日を作る…そんな事わかっていても難しいのが現実なのですが…。

飲酒と飲酒の関係についてくわしく見る>>

運動不足

昔は痛風になったら運動は控える、激しい運動は痛風のもととされていました。近年では、ウェイトコントロールのためにも、適度な運動は痛風によい事がわかってきました。
痛風治療中の激しい運動は、痛風の原因となる尿酸値を上げてしまうので、ウォーキングなどの有酸素運動をしましょう。

痛風を予防するには?

適度な運動は尿酸値を下げますが、激しい運動は逆効果になります。たまにやる運動では意味がないので、定期的に軽くできる運動を見つけるのが、痛風予防だけでなく生活習慣病の予防にもなります。

痛風と運動不足の関係についてくわしく見る>>

痛風がきっかけに引き起こされる病気とは?

そもそも、痛風は高尿酸血症によって引き起こされるもの。この高尿酸血症自体は自覚症状がないので、気が付かずに放置してしまう事も多いのですが、正常値を超えてしまうと薬物治療が必要になる怖い病気です。

高尿酸血症は、新陳代謝で発生する尿酸が増えすぎた状態の事。それが正常値を超えるような量になると、尿酸が体内で結晶化してしまいやすくなり、それが関節や腎臓などに溜まってしまい痛みを引き起こす痛風になるのです。

痛風自体は数日ほどで治まっても、体内の尿酸結晶はそのままなので、高尿酸血症が改善されない事には痛風を再発させてしまう事になります。さらに、腎臓中で尿酸結晶ができてしまえば腎臓病や尿路結石を引き起こしたりと合併症のリスクも上がります高尿酸血症の患者さんのほとんどはメタボリックシンドロームに該当する事が多く、これが動脈硬化を進行させてしまう事もあるのです。

他にも、高血圧や脂質異常症、糖尿病など…さまざまな生活習慣病に結び付いてきますので、痛風だけと侮っていると大変な事態にまで進展してしまう事もある、実は怖い疾患なのです。

で腎臓を通る血液を薄くし、かかる負担を軽くするからです。

腎臓は血液をフィルターにかかえて不要物をろ過する働きがあるのですが、血液が濃く不要物がたっぷり入っているほど辛くなります。ドロドロした血液よりもサラサラの血液のほうが、フィルターにかかる負担は少なくて済むのです。

また、水分摂取で尿をたくさん出せれば、そこに尿酸が溶けて排出されやすくなります。しかも、尿酸は水溶性なので水に溶けやすいといった特徴を持っています。痛風患者さんは、1日2リットル以上の水を飲むようにとよく言われていますが、それはそうした理由からなのです。

ただ、水分摂取ではミネラルウォーターやお茶にしておきましょう。コーヒーや紅茶、炭酸飲料水などは糖分等も多く、肥満の原因になってしまう

痛風になりやすい生活習慣とは

ある時、急に足の親指の付け根が赤く腫れて、激痛を感じてしばらく歩けなくなる痛風。発作を放置すると何回も繰り返し、腎臓まで侵されたり、失明、足の切断の可能性もある恐ろしい病気です。

栄養価の高い食材にプリン体が多く含まれる事から、一部では「贅沢病」などと揶揄されています。そんな痛風の予防や症状を改善するために、注意しておきたい生活習慣について解説しています。

食べ過ぎ

痛風の治療は、摂取するプリン体の量を制限するのではなく、プリン体が作られにくい身体を作る事が重要なポイントです。
食材のプリン体だけを気にするだけではなく、意識してカロリー制限を行う事も重要なのです。

痛風を予防するには?

規則正しい食生活に腹八分目、暴飲暴食をしない、ゆっくり食べる…など、食事習慣にも気を付けるようにしましょう。

痛風と食事の関係についてくわしく見る>>

飲み過ぎ

痛風になったらアルコールを控えなければなりません。アルコール飲料に含まれるプリン体の量が多い事もそうですが、アルコール飲料を飲むと体内の尿酸値が上昇する事が大きな理由です。
毎日飲酒する人は痛風の危険度が2倍になり、プリン体含有量が多いビールを飲む人はさらに危険度が高くなります。

痛風を予防するには?

適量を守る、週2回は休肝日を作る…そんな事わかっていても難しいのが現実なのですが…。

飲酒と飲酒の関係についてくわしく見る>>

運動不足

昔は痛風になったら運動は控える、激しい運動は痛風のもととされていました。近年では、ウェイトコントロールのためにも、適度な運動は痛風によい事がわかってきました。
痛風治療中の激しい運動は、痛風の原因となる尿酸値を上げてしまうので、ウォーキングなどの有酸素運動をしましょう。

痛風を予防するには?

適度な運動は尿酸値を下げますが、激しい運動は逆効果になります。たまにやる運動では意味がないので、定期的に軽くできる運動を見つけるのが、痛風予防だけでなく生活習慣病の予防にもなります。

痛風と運動不足の関係についてくわしく見る>>

痛風がきっかけに引き起こされる病気とは?

そもそも、痛風は高尿酸血症によって引き起こされるもの。この高尿酸血症自体は自覚症状がないので、気が付かずに放置してしまう事も多いのですが、正常値を超えてしまうと薬物治療が必要になる怖い病気です。

高尿酸血症は、新陳代謝で発生する尿酸が増えすぎた状態の事。それが正常値を超えるような量になると、尿酸が体内で結晶化してしまいやすくなり、それが関節や腎臓などに溜まってしまい痛みを引き起こす痛風になるのです。

痛風自体は数日ほどで治まっても、体内の尿酸結晶はそのままなので、高尿酸血症が改善されない事には痛風を再発させてしまう事になります。さらに、腎臓中で尿酸結晶ができてしまえば腎臓病や尿路結石を引き起こしたりと合併症のリスクも上がります高尿酸血症の患者さんのほとんどはメタボリックシンドロームに該当する事が多く、これが動脈硬化を進行させてしまう事もあるのです。

他にも、高血圧や脂質異常症、糖尿病など…さまざまな生活習慣病に結び付いてきますので、痛風だけと侮っていると大変な事態にまで進展してしまう事もある、実は怖い疾患なのです。

も。さらに、食事からも水分摂取はされています。これらも考慮して1日の摂取量を決めていくのも大事なポイントなのです。

エビデンスから見るおすすめサプリメント5選

尿酸値に働きかける注目の成分!論文データあり
5
成分を徹底調査