あの痛みを二度とくり返さない!痛風対策サプリメント

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

サイトマップ

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

痛風サプリメントを徹底調査 » 痛風予防・改善のために注意したい生活習慣 » 運動不足

運動不足

痛風の予防・改善のために注意したい生活習慣のうち、運動についてまとめています。

痛風と運動の関係は?

以前は、激しい運動は痛風の元とされていました。しかし近年、ウェイトコントロールのためにも、適度な運動は痛風予防に良いことがわかってきました。

激しい運動をすると尿酸値は上がります。ですが、運動とともに十分な水分を取って尿酸を尿で排出していれば、問題ありません。適度な運動と適度な水分補給を心掛ければ、痛風を予防したり、発作を抑えることができます。

痛風の症状を軽減するには運動が効果的

痛風は、内臓脂肪が多い肥満気味の人や、食生活が乱れている人がかかりやすい病気です。栄養バランスが崩れていると、内臓脂肪が溜まりやすくなりますが、軽い運動と食事療法で、簡単に落とす事ができます。

運動して肥満を予防すれば、痛風を予防する事にもつながります。痛風の症状を改善するには運動だけでなく、規則正しい生活が大事です。

痛風の治療中の運動は控える

いくら痛風の改善に運動が効果的と言っても、治療中に激しい運動をすると血液中に尿酸値が上がってしまいます。

尿酸の元であるプリン体は、新陳代謝やエネルギーを消費した際に多く生成されるので、激しい運動をするほど、プリン体が生成されて尿酸へと変化します。その上、運動をする事によってたまる乳酸が、尿酸を血液中に沈着させてしまう働きを持っているので、痛風の治療中には激しい運動は適していません。
おすすめの運動法はウォーキングなどの有酸素運動です。痛風とともに高脂血症や肥満の改善にもつながります。

運動をする場合は、必ず充分な水分補給をするようにしましょう。痛風の症状の改善と予防には、普段の生活から自身の尿酸値をコントロールすることが大切です。また、痛風治療中の運動はかかりつけの医師と相談のうえで、行いましょう。

運動不足も激しすぎる運動も痛風を招く要因に

運動不足は万病の元。もちろん痛風も例外ではありません。運動不足や食べ過ぎで肥満になると痛風や高尿酸血症が呼び起こされてしまいます。体を動かすことで脂肪を燃焼し、肥満解消や生活習慣病を改善するのですが、何事もやりすぎはよくありません。実は、激しい運動は、逆にプリン体を増やして尿酸値を上げてしまうのです。

なぜ運動で痛風に?詳しい理由を知る

プリン体は食品に含まれているだけでなく、体内でも作られています。細胞の新陳代謝における老廃物として、そしてエネルギーの燃えカスとして作られているのです。食事と体内での生成は2:8といった割合と、体内で作られる方が圧倒的に多いのです。

特にエネルギー消費量が激しい運動は、尿酸の生成と排尿のバランスが崩し、尿酸値を一気に上げてしまいます。食事から得たエネルギーを使う際、いったんATP(アデノシン三リン酸)に変わり、さらにADP(アデノシン二リン酸)に変化。通常であれば、その後で再びATPに変わり再利用されるのですが、無酸素運動などの激しい運動では大量にATPが使われ、ADPからATPに戻る暇もなくなってしまいます。これが、ADPからATPとAMP(アデノシン一リン酸)を作り、ATPはエネルギーとして再利用されますが、AMPはそのまま分解。AMP内にはプリン体が含まれているので、それが肝臓で代謝されることで尿酸になるのです。

この激しい運動による尿酸値への悪影響は、普段、あまり運動をしない人ほどあらわれやすいもの。いきなり体に大きな負荷をかけることで、尿酸値が2倍近くにまで上がってしまう事もあるのです。良かれと思ってやったことで痛風を招くのでは意味がありません。激しい運動は逆効果になりかねないので、ウォーキングのような有酸素運動程度にしておくのがポイント。ひざなどの関節に負担が少ない水中ウォーキングもおすすめです。

大切なのは定期的な運動

運動で大切なことは、定期的に続けていくこと。週に1〜2回できる、自分にとって苦痛にならない運動を選ぶといいですね。特にジョギングやウォーキング、水泳がおすすめです。

ただ、長い間、高尿酸血症だった方が急に運動を始めると、痛風の発作が起こることもあります。治療中の人は、必ず主治医に相談してから始めるのが安心です。

エビデンスから見るおすすめサプリメント5選

尿酸値に働きかける注目の成分!論文データあり
5
成分を徹底調査