あの痛みを二度とくり返さない!痛風対策サプリメント

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

サイトマップ

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

痛風サプリメントを徹底調査 » 尿酸値に働きかける注目の成分!科学的根拠ありの5つを徹底調査

尿酸値に働きかける注目の成分!科学的根拠ありの5つを徹底調査

痛風を緩和するには、尿酸値のコントロールが重要なポイントになります。痛風向けのサプリメントにはいろいろな成分が配合されていますが、本当に良い成分とは何なのかを調査してみました。

論文データがある5成分に注目

科学的に効果が実証されたのは下記の5成分。その効果は「尿酸の排出を促す」ものと「尿酸を産生しにくくする」ものに分かれます。
食事に取り入れたり、サプリを買う際は両方の効果が得られるよう、複数の成分が入っているものをチョイスするといいでしょう。

アンセリン 尿酸の排出を促す
菊花ポリフェノール

尿酸を産生しにくくする
尿酸の排出を促す

キトサン 尿酸を産生しにくくする
クエン酸 尿酸の排出を促す
発酵大麦エキス

尿酸を産生しにくくする
尿酸の排出を促す

成分で比較!
尿酸値に効果があるサプリメント

アンセリン

「β-アラニン」と「メチルヒスチジン」という2種類のアミノ酸が結びついたペプチドの一種。動物性由来と魚性由来とあります。尿酸値を下げる働きがあるとした研究結果からも、痛風に悩む人に注目されている成分。アンセリンを含む食品摂取だけに頼ると、無駄にプリン体を増やしてしまうといったことも懸念されているため、サプリメントでの摂取が勧められることも少なくありません。

アンセリンの痛風への効果をくわしく見る>>

菊花ポリフェノール

菊の花に含まれている成分。古来から菊は長寿を助ける薬として飲まれていることからも、菊花ポリフェノールにも健康効果があるといわれています。菊花ポリフェノールには、尿酸値の生成を抑えるだけでなく、尿として排出する力も優れているといわれています。研究機関による実証データからも、注目されている成分なのです。

菊花ポリフェノールの痛風への効果をくわしく見る>>

キトサン

健康系サプリメントなどではお馴染みの成分。カニやエビなどの甲殻類の殻に含まれるキチンを化学処理することで生成されます。なかには、キチン・キトサンと呼ばれるものも。コレステロール値を下げたり、血圧の上昇を抑え、デトックスやダイエット効果、免疫機能の向上、がん抑制とさまざまな働きを持ち、尿酸値を上げるプリン体を減らして痛風予防にもなるといわれています。

キトサンの痛風への効果をくわしく見る>>

クエン酸

お酢やレモンなど、酸っぱいものに含まれている成分。すでに古代ギリシャ時代から、クエン酸の有用性は注目されていました。乳酸を分解して疲労を軽減・回復させる作用があることはもちろん、尿を弱酸性にして尿酸をスムーズに体外に排出する働きもあります。

クエン酸の痛風への効果をくわしく見る>>

発酵大麦エキス

イネ科の世界最古の穀物である大麦を発酵させて作る、発酵大麦エキス。不溶性・水溶性の食物繊維、カルシウム、カリウム、ビタミンB1がたっぷりと含まれています。発酵させることでアミノ酸やペプチド、オリゴ糖も加わるスーパー食材です。ヒト実験から、尿酸値を下げて尿として体外に排出する働きもあることがわかっています。

発酵大麦エキスの痛風への効果をくわしく見る>>

【番外】ちょっと待って!勘違いしやすい成分一覧

痛風症状の緩和、尿酸値の低下を目的としたサプリメントはたくさん販売されていますが、成分によってはじつは他の効果だった…なんてものも。そんな成分についてご説明しています。

サポニンなどの痛風への効果をくわしく見る>>

エビデンスから見るおすすめサプリメント5選

尿酸値に働きかける注目の成分!論文データあり
5
成分を徹底調査