あの痛みを二度とくり返さない!痛風対策サプリメント

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

サイトマップ

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

痛風サプリメントを徹底調査 » 【特集】痛風でも食べていい物・悪い物 » プリン体が多い食品リスト

プリン体が多い食品リスト

痛風の方や痛風予防を考えている方がなるべく食べるのを避けたい、痛風に悪い食材をまとめました。

プリン体が少ない食品はこちら>>

プリン体を多く含む食品

痛風と言えば、まず気をつけたいのが食事によるプリン体の摂取量ですよね。痛風の原因である尿酸は、プリン体が分解されて産生されるので、プリン体の摂取を控えることが痛風対策・予防の第一歩になります。

できるだけプリン体の摂取を避けるため、様々な食べ物100gにおけるプリン体の含有量を調べました。

100gあたり300mg以上
プリン体を含む食品

DNA/RNA 21,493mg あんこう肝(酒蒸し) 399mg
クロレラ 3,183mg 干し椎茸 380mg
ビール酵母 2,996mg 鶏レバー 312mg
煮干し 746mg マイワシ干物 306mg
かつお節 493mg イサキ白子 306mg
ローヤルゼリー 403mg

100gあたり200~299mg
プリン体を含む食品

豚レバー 285mg 牛レバー 220mg
大正エビ 273mg カツオ 211mg
マアジ(干物) 246mg マイワシ 210mg
オキアミ 226mg サンマ(干物) 209mg

100gあたり150~199mg
プリン体を含む食品

クルマエビ 195.3mg マアジ 165.3mg
豚腎臓 195mg ボタンエビ(卵) 162.5mg
スルメイカ 186.8mg ヤリイカ 160.5mg
牛心臓 185mg 明太子 159.3mg
カキ 184.5mg マグロ 157.4mg
ニジマス 180.9mg サンマ 154.9mg
牛腎臓 174.2mg トビウオ 154.6mg
乾燥大豆 172.5mg 鶏ササミ 153.9mg
ほうれん草(芽) 171.9mg カニミソ 152.2mg

以上がプリン体を多く含む食べ物一覧です。

とりわけ際立っていたのが、DNA/RNA・クロレラ・ビール酵母・ローヤルゼリーなどの健康食品によく含まれている成分。これらは100g単位で見ると、多量のプリン体を含んでいますが、一日の摂取量で見ると100mgほどだったりする場合もあります。もし、これらの成分が自分のお気に入りサプリに配合されているなら、一度問い合わせて確認し、サプリを続けられるかどうか考えた方がいいですね。

また、牛・豚・鶏のレバーやハツ(心臓)はもちろん、煮干しやカツオ、アジ、マグロなどの魚も意外とプリン体が多く含まれているので、食べる量に注意してくださいね。

尿を酸性にする食品

痛風に悪い食べ物として2つ目に挙げられるのが、尿を酸性にする食品です。

尿が酸性になると、尿酸がうまく排泄されなくなります。尿酸は、もともと尿に溶けにくい性質を持ちますが、尿のpHが高くなってアルカリ性が強くなると、尿酸は溶けやすくなります。

ということで、実際に尿を酸性にする食べ物を集めてみました。

尿を酸性に近づける食べ物
アジ・アナゴ・イワシ・カツオ・カツオブシ・カマス・カレイ・サバ・サンマ・スルメ・チーズ・バター・パン・ビール・ブリ・ホタテ・マグロ・牛肉・鶏肉・芝エビ・小麦粉・清酒・大正エビ・豚肉・馬肉・白米・米・落花生・卵

この一覧から、尿を酸性にする食べ物には、プリン体含有量の高い食べ物が多いということが分かりますね。

痛風を本気で対策したい方は、今日から是非、これらの痛風に悪い食べ物を避けるように、食生活の改善を図りましょう。また、食事に気をつける以外にも、サプリを併用することによって尿酸値を下げる工夫をしてみることをオススメします。

科学的に実証済!
論文データから見る痛風有効成分を見る>>

外食では野菜の量・塩分に注意!

痛風による痛みがある人、尿酸値が高めで気になる人などは、外食時に選ぶ料理に注意が必要です。レバー料理やモツ料理、ラーメンなどはNG。単品で頼むよりも定食やセットで頼むなどしてできるだけバランスが良いものを選ぶようにし、カロリーにも注意します。定食といっても、とんかつや天ぷら、ハンバーグなどは高カロリー。たとえ栄養バランスがとれていたとしても、カロリーオーバーでNGです。それよりも、カロリーも低い刺身定食や焼き魚定食、野菜炒めなどを選ぶようにしましょう。

また、麺類や丼物を選ぶ場合は、できるだけ魚や野菜がたっぷりのものを選び、麺やご飯の量は少なくしもいいですね。ラーメンなどでは、スープは残すようにします。

外食は見た目とおいしさを優先していますから、油脂・塩分・砂糖が大量に使われていることがほとんどですから、どうしても高カロリー・高塩分摂取で野菜不足状態に…。痛風や高尿酸血症の人は、こうした外食はまず避けなければいけないものとなります。

自炊でも同じこと。外食よりも塩分・糖分をコントロールしやすいとはいえ、やはりラーメンや丼物、とんかつ、天ぷらなどは高カロリーとなります。野菜や海藻類など…できるだけプリン体が少ない食材を使った料理にするのが望ましいです。

エビデンスから見るおすすめサプリメント5選

尿酸値に働きかける注目の成分!論文データあり
5
成分を徹底調査