あの痛みを二度とくり返さない!痛風対策サプリメント

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

サイトマップ

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

痛風サプリメントを徹底調査 » 【特集】痛風でも食べていい物・悪い物

【特集】痛風でも食べていい物・悪い物

痛風の予防・対策には「食生活の改善」が必要です。食生活の改善を行うことで、痛風が劇的に良くなるわけではありません。しかし、痛風に良いとされる食べ物を取り続けていると、体内で産生される尿酸の量を減らすことができます。

そこで、「痛風に良い食べ物」と「痛風に悪い食べ物」を徹底的に詳しく紹介するページを設けました。これらのページには、意外と知らない「プリン体が少ない/多い食品」を載せています。加えて、尿酸濃度に関わる、「尿のpHをアルカリ性/酸性によせる食べ物」についても紹介しています。

これらのページを参考に、痛風に関する知識を身に付けたり、痛風予防や生活習慣の改善に向けて自身を見直したりするきっかけを作ってみてください。

プリン体が少ない食品リスト

プリン体含有量が少ない135個の食材をリストアップ!また、外食や自炊で気を付けたいポイントをまとめてみました。どの食材を意識的に摂取すればいいのかわかります。

くわしく読む>>

プリン体が多い食品リスト

プリン体含有量が多い食材をリストアップ!どんな食材に多く含まれているのか…事前に把握しておくと、外食も自炊も上手にコントロールできるようになります。

くわしく読む>>

料理未経験でも楽チン!
痛風対策レシピサイト

痛風になったからといって、味気ない料理しか食べられないわけではありません。お肉だって、種類によっては食べられるのです。ここでは、簡単においしく調理できる料理を掲載しているサイトをご紹介。おいしい料理を堪能しつつ、痛風を緩和させちゃいましょう。

くわしく読む>>

痛風の食事療法とは?

痛風治療では欠かせない食事制限

痛風の治療では、痛みを抑える抗炎症薬(NSAIDsやコルヒチン)を使うだけでなく、原因である高尿酸血症を根本的に治療するためにも、生活習慣の改善を行なっていきます。高尿酸血症は、プリン体をたっぷりと含む食品やアルコールが原因になっていることも多いので、それらの摂取を控えるようにした食事療法が効果的。内臓脂肪の蓄積も尿酸の生産を増やしてしまうので、カロリー制限もあります。そして、食事療法でも改善しない場合には、薬物療法も取り入れられることになるのです。

まずはたっぷり水分を摂る

そんな食事療法では、水分摂取と食事量がポイントになります。水分が不足してしまうと尿酸が体外に排出されにくくなってしまいます、こまめに水分を摂取することで尿酸が排出しやすくなりますので、大体1日2リットルを目安に飲むことが推奨されています。もちろん、ジュースや炭酸飲料水などではなく、ミネラルウォーターやウーロン茶などです。また、朝・昼・晩の中でも夕食は一番カロリーが高くなりがち。夕食が高カロリーだと肥満になりやすく、痛風のリスクも高くなりますから、腹八分目を意識するとともに就寝2時間前は食べないようにします。

そして、バランスのとれた食事を規則正しく食べるように指導されますが、プリン体含有量は食材によって異なります。プリン体含有量が少ない食材を使った料理を食べることが大事となるのです。

我慢しすぎもしなさすぎも毒。
ではどうするのが正解?

痛風の治療=食事制限とはいえ、我慢のしすぎでは爆発してしまい、反動で暴飲暴食に繋がってしまった…ということも多くあります。まず「医者に相談する」というのが大切。少しも気持ちに寄り添ってくれない、治療のストレスもわかってくれないお医者さんであれば、きっと治療も長続きしません。

他には食事以外でも、尿酸値に効果があるとされる成分が入っているサプリメントを摂取したり、軽い運動をしたり、+αの行動を自分で起こしてみる…というのも必要です。当サイトでは、運動や成分についても調べて掲載していますので、気になる方は読んでみてください。

科学的証明あり!
成分でみるおすすめサプリメント>>

痛風の予防&改善に。運動について調査>>

エビデンスから見るおすすめサプリメント5選

尿酸値に働きかける注目の成分!論文データあり
5
成分を徹底調査