あの痛みを二度とくり返さない!痛風対策サプリメント

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

サイトマップ

尿酸値・痛風対策におすすめのサプリメントをリサーチ

痛風サプリメントを徹底調査 » 知っておきたい痛風の原因・症状の基礎知識

知っておきたい痛風の原因・症状の基礎知識

ここでは、痛風になる前に知っておきたい原因や症状など、痛風の基礎知識を紹介しています。

痛風の原因

痛風の原因は、ズバリ尿酸値の上昇です。では、尿酸値はどのようにして上がるのかと言えば、食事や飲酒などの生活習慣が主。尿酸値が上がってしまう原因をくわしく知って、予防や改善に努めましょう。

尿酸値が上がる原因をくわしく見る>>

当てはまったら注意!
症状チェックリスト

痛風は、尿酸値をチェックすることで事前に予防することができます。ですが、健康診断でも受けない限り、尿酸値はなかなか把握できません。ここでは、日常生活での異変などから、「痛風かも?」をチェックできる症状リストを掲載しています。

痛風の症状チェックをしてみる>>

積極的に摂りたい栄養素

痛風は食事によって大きく影響を受けます。原因となる尿酸を下げるのも、体外に排出しやすくするのも食事次第といっても過言ではありません。例えば、キュウリに含まれる、尿を排出する効果があるカリウムなど…。その他にも好影響を与える栄養素を知って、日ごろちょっと意識するだけでだいぶ変わるはずです。

カリウムなどのおすすめ栄養素をくわしく見る>>

論文データなどで実証済みの「尿酸値に直接はたらきかける成分」も下記ページで紹介しています。「もう食事だけじゃ無理!」「早く尿酸値を下げたい!」という人は、ぜひチェックしてください。

尿酸値に効果◎!5成分を徹底調査>>

痛風を放置した末路に待っているもの

痛風の痛みは大変なものですが、一時期的な痛みとも言えます。初期の段階でも相当な痛みがあるのですが、人間は都合がいい生き物で、痛みが治まると安心して治療をないがしろにしてしまうことも…。それがさらなる痛みを発生させ、そしてその発生する間隔も短く、痛みを長引かせていくものとなります。

また、尿酸値が高くても症状が出てこない場合もあり、これは痛みといったシグナルがない分、大変厄介なものとなります。通常、痛みが激しくなるのと同時に合併症のリスクも上がるのですが、無症候性高尿酸血症の場合ではいきなり合併症の症状が出ることになります。合併症にまで発展しているということは治療も困難になります。

合併症としては、高脂血症や尿路結石、糖尿病、虚血性心疾患などがあります。高脂血症は痛風患者さんには珍しくない生活習慣病であり、尿路結石は尿酸値を下げるのを怠ったために起こる疾患。糖尿病は腎臓障害や神経障害、網膜症や足の壊疽など…ひどくなると生活に支障がきたすようになります。そして、虚血性心疾患ともなると、心筋梗塞や狭心症のリスクが高くなり、最悪、命に関わることにもなりかねません。

下に、痛風で今も治療を続けている男性の体験記を掲載しました。ぜひ、こうなってしまう前に対策を練ってください。

40代男性の痛風体験記

30代の頃に足に激痛が走りました。きっかけは、今思えば前日に食べた料理で、調べてみるとプリン体が大量に含まれている食材でした。常に尿酸値が飽和状態だったので、すぐに影響を受けてしまったのでしょう。その後は、痛みがよく見られるようになり、ロキソニンを服用しつつ食事にも気を付けるようになりました。

しかし症状は一向に良くならず、痛みに耐えかねて病院を受診すると、すでに腎機能が低下して合併症を起こしていました。最悪、人工透析にもなりかねないと脅されたほどです。しかも、糖尿病の疑いもあり…。

痛風は完治することができず一生付き合っていかなければいけない病気です。合併症をこれ以上進めないためにも、今も治療を続けています。

エビデンスから見るおすすめサプリメント5選

尿酸値に働きかける注目の成分!論文データあり
5
成分を徹底調査